【不動産ブログ】賃貸経営において社会経済の変化を観る!「高齢化による不動産市況の変化」

高齢者の人口は今後ますます増加していきます。

高齢者を入居者として想定する場合は他社の補助や介護の必要性、さらにその度合いによる、一般的な建物で十分な場合があります。

高齢者だからと言って必ず特殊なサービスや設備が必要になるとは限らないため、高齢者をサポートするわずかなサービスを導入することで高齢者を積極的に迎い入れることも可能です。

世帯主が65歳以上の世帯は2010年の1620万世帯から2030年には2011万世帯まで増加します。

家族類型別では一人暮らしの割合が増え、世帯主が75歳以上の単独世帯は2010年269万世帯から2030年は473万世帯まで1.76倍になると推測しています。

小室雄次 著 事業に失敗しないための起業家宣言 好評発売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です