【活動レポート】光熱費が高い!その悩みを解決します!

目的

エネルギー源には「電気」「ガス」「灯油」があり、それぞれにその情況によって価格が変動します。しかし、東日本大震災後は光熱費という生活維持費に対して消費者は敏感になっており、それは維持費が相対的に高くなっているからです。

セミナーのポイント

光熱費は請求書が来て初めて「高い!」とか「安い!」と認識できるため、日々の暮らしに流され、具体的な対処ができないでいる場合が多い。
光熱費を具体的に削減する方法を教えてくれるところは意外と少なく、また各エネルギー会社は他のエネルギーの削減方法は教えてくれない。

生活者はエネルギー源である「電気」「ガス」「灯油」のすべてを使用している場合が多く、どこの用途で多くの光熱費を使用しているかを分析できないまま、請求書通りに支払っています。その悩みを具体化し対処方法を検討することで新しい顧客のニーズを引き出すことができます。

ガス・灯油販売会社営業マンの声

光熱費は必要不可欠なものであり、一種の消耗品として購入してくれるものですが、光熱費に対する悩みを解決することで新しい設備への買替促進につながり、顧客への満足も同時に上がることを知りました。